2016大韓民国ゲーム大賞で「HIT」が大賞,「Tree of Savior」が2部門を受賞

オンラインゲーム配信事業を行う株式会社ネクソン(本社:東京都中央区代表取締役社長:Owen Mahoney/オーウェン・マホニー,東証:3659)は,本日11月16日に韓国釜山のBEXCOで開催された2016大韓民国ゲーム大賞(2016 Korea Game Awards)の授賞式において,弊社グループが配信するモバイル向け大型RPG『HIT ~Heroes of Incredible Tales~,(以下,『HIT』)』が大賞を受賞したことをお知らせ致します。さらに,PCオンラインMMORPG(注)ツリーオブセイヴァー』は,優秀賞及び技術創作賞(キャラクター部門)を受賞致しました。

 

『HIT』は,韓国にて昨年11月,また本年7月には世界140カ国で配信を開始したモバイル向け大型RPGです。『リネージュII』や『TERA』など,大ヒットMMORPGを開発したNAT Gamesのパク・ヨンヒョン氏が手掛ける初のモバイルゲームです。モバイルゲームにおける最高レベルのグラフィックや破壊力のある打撃感が特徴で,2016年11月現在,全世界での累計ダウンロード数は1,300万件を突破しており,好評を博しております。
 今回の受賞においても,Unreal Engine 4によるモバイルにおける最高レベルのグラフィック,さらに強固なゲーム性と完成度をもとに,韓国国内だけでなく,海外でも大きな成果を収めたという点が高く評価されました。なお,同作は日本で11月に事前登録を開始しております。

 受賞に際し,『HIT』の開発会社NAT Games代表のパク・ヨンヒョン氏は次のように述べています。「配信開始以来,継続的に『HIT』を愛してくださっているプレイヤーの皆様に感謝したいと思います。今後とも,プレイヤーの皆様の声を大切にし,『HIT』が長く愛されるよう最善を尽くしてまいります。」