読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Tree of Savior」はアップデートで“期待されていた形”に近付いていく。新コンテンツの内容をプロジェクトマネージャーに聞いた

ネクソンは,同社がサービス中のPC向けMMORPGTree of Savior」(以下,ToS)にて,2016年10月26日から12月中旬にかけて数回にわたりアップデートを実施する。一連のアップデートでは,モンスターの狩り場に幅を持たせる新コンテンツや,最上位クラスとなる8次職が実装されるほか,細かな調整やユーザーインタフェースの改修などが施されるという。

 今回4Gamerでは,ToSのプロジェクトマネージャーを務めるネクソンの今濱隆一郎氏に,アップデートの概要に加え,サービスイン1か月後までのゲーム内の動向や,そこから見えてきた課題と解決策,そして今後の展望などを聞いてみた。
※このインタビューは,2016年10月24日に行われたものです。

4Gamer
 本日はよろしくお願いします。正式サービス開始から1か月が経ちましたが,まずはこれまでの反響について教えてください。