読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOS RMT 知っておくと便利な、NPCを簡単に探す方法

Tos RMTのシルバー、アイテム、装備、最安値で販売します
TOS RMT の情報から、「 知っておくと便利な、NPCを簡単に探す方法」について、見つけました。
皆様に紹介させていただきます。

TOS RMT NPCに会うときってだいたいクエストや転職に関連することが多いから、NPCの場所を覚えていなくても困ることはあまりない。しかし、たまに「久々に特性を買いたい」とか「立ち絵を見に行きたい」と思った時に、場所をとっさに思い出せないことって多い…よね。

こういうTOS RMT NPC検索のページもあって、立ち絵も全部見られるようにしてあるんだけど最近になってゲーム側が対応して、ようやくTOS RMT内でTOS RMT NPCを簡単に探せるようになったので紹介します。

TOS RMT ワールドマップからNPC検索

狩場などではあまり使いたくないワールドマップ(N)を使う。

この重たくて場合によってはクライアントが落ちることもあるワールドマップですが….少しずつ「機能」が増えています。今回紹介するのは、明るい枠で囲った「TOS RMT 検索窓」です。普通に遊んでいても、これがどのような機能なのかは分かりづらい。

一応、公式サイトが告知していますが、後から来た啓示者がこの存在を知る可能性は低い…。せめてカーソルをあててポップアップで教えてくれれば良いんですが、なぜかここだけポップアップも無い不親切な仕様。

例えば「ウスカ」と入力すると…。

マップの表示が自動で入れ替わって「クラペダ」がポンッと強調表示されます。ここにいるよ…ということが一瞬で分かる仕様になっている。

もちろん、マスター系では無いNPCも検索できる。オルシャ領主のイネッサ・ヘモンデールもこのとおり。

突然、飛び降りて啓示者をビックリさせた「グリタ」さんも、ちゃんと表示できる。連打すると魔術師の塔だけでなく、フェディミアン外郭、フェディミアンにもいたよ。という感じで教えてくれる。

セージマスターは一人でぽつんとクニドスの森に隠居中。女神像からの距離は近いので、訪問はそんなに面倒くさくない。

「魔将」と入力すると、魔族収監所と水路橋地域がポップアップされる…。なるほど、過去に存在した形跡があれば、一応はこうやって教えてくれるんだよね。確か、ホーバーグだったはず。

本当は「魔将」と入力したら、あちらこちらの場所を教えてくれると期待したが、やっぱりNPCにしか対応していないので、ヌアエーレやブルッドの位置表示は不可能ということです…。ちなみに「ギルティネ」と入力しても教えてくれませんでした。

「女神」と入れた場合は、世界中あらゆる場所を教えてくれる。過去にあったことのある形跡が残っているという…扱いかな。しかし、女神で検索できても「ライマ」とか「ラダ」といった固有名詞では検索できない。でも「ガビヤ」や「サウレ」だと検索できたり…。

まぁ、だいたいこんな感じです。あとはテキトーに「村人」とか「村長」といった、RPGにありがちな名前でも一応は反応します。やっちが村人を検索したところ、エルゴス修道院別館とベヤ谷しか反応しなかったので、意外と村人って少ないんだな~と驚いた。

 一般NPCのキーワード

 

「村人」や「村長」以外にも…。

  • 巡礼者
  • 追従者
  • 霊魂

なども、ヒットするマップが多い。

まとめ

  1. マップのズームインとズームアウト
  2. 最後にワープしたマップを表示
  3. 現在地を表示
  4. おすすめなダンジョンを表示(適正Lvに一致するマップがないと表示されない)
  5. TOS RMT NPCをキーワードで検索できる(この記事のメイン)

何事も知らないよりは、知っている方が良いよね。以上「知っておくと便利な、NPCを簡単に探す方法」でした。